できる営業マンは持ち物にこだわるべき。印象の9割は見た目?

仕事

「人を見た目で判断してはいけない」とよく言われますが、

実際に人の印象は見た目で9割が決まります。

「見た目よりも中身が大事」と思いがちですが、見た目が与える影響はとても大きいのです。

見た目で損するのはすごくもったいないことです。

電車の中で周りを見渡すと、スーツ姿で「この人は、見た目でとても損しているだろうな…。」という人を見かけます。

今回は社会人になって間もない方や、これから営業担当に配置換えになる方に向けて。

今までの経験から「見た目は大事ですよ」と言う話をお伝えしたいと思います。

また、身につけるものとして最低限これだけはこだわった方がいい物も紹介していますので、ぜひ最後までご覧ください。

「人は見た目が9割」な理由

人の印象の9割は見た目で判断されています。

これはアメリカの心理学者による「メラビアンの法則」という心理理論に基づいています。

「人が誰かとコミュニケーションを取る際、どんな情報に基づいて印象が決定されるのか」ということを検証したもので、

視覚情報(顔立ち、服装、髪型など)   …55%

聴覚情報(話し方、話す速さ、声質など) …38%

言語情報(会話の内容、意味など)    …7%

という比率になることが示されています。

視覚情報と聴覚情報で93%を占めており、会話内容はわずか7%です。

人は中身ももちろん大事ですが、見た目で悪い印象を与えてしまうと良い印象を理解してもらうまでに余計な時間がかかることを意味します。

会社で働く以上、先輩社員や同僚、お客様から見た目で良い印象を与えられると、自身の評価だけでなく働きやすくもなります。

サラリーマンは集団行動やチームワークを求められるため、第一印象で良い印象を持たれることはとても大事です。

視覚を通して相手が受け取る情報次第で、話す内容が多少未熟でも相手に思いを伝えられる可能性があるのです。

相手からどんな印象を持たれるかを考える

会社に属すると、日々多くの人とコミュニケーションを取ることになります。

その際、清潔感があって一緒に仕事をしたいと思える人であれば、社内はもちろん、お客様からの信頼も得やすいでしょう。

また、見た目を意識すると相手に良い印象を残すことができます。

  • 彼は爽やかで礼儀正しかったな。
  • 彼女は明るくて良い感じだったな。

勝負の舞台に立つ前に、良くも悪くも相手は既に第一印象で多くのことを判断しています。

第一印象で好印象を与えられれば、次回からの連絡も取りやすく、相手とのアポイントも取りやすくなります。

相手の立場に立って考える

ここで、相手の立場になって考えてみるとわかります。

もし、こんな営業マンがあなたの目の前に現れたら…。

  • スーツはシワシワで
  • 革靴は磨かれておらず汚れていて
  • カバンは使い古されてボロボロ

あなたは話を聞いてみたいと思うでしょうか?

答えは、もう想像がつきますよね。

相手が良くない印象を持つと、こちらの話を聞こうとは思わなくなってしまいます。

見た目で損をすると、勝負すらさせてもらえません。

いいものを身につけるとモチベーションが上がる

メリットは相手への印象だけではありません。

いいものを身につけると、自分の気持ちが上がり、やる気が出ます。

試しに今使っているネクタイやボールペンなどの小物だけでもいいものを購入してみてください。

きっとやる気が出て、セルフイメージが上がります

特にボールペンは毎日使うことができるのでより実感すると思います。高級品でなくても充分です。

また、革靴にも予算が回せるのであれば1足3万円以上のグッドイヤーウェルト製法のものを購入できると良いです。

営業マンが投資すべきもの

営業マンが投資するとよいものは結構多いです。

  • スーツ
  • 革靴
  • ワイシャツ
  • ネクタイ
  • ボールペン
  • カバン
  • 名刺入れ

スーツも大事だが革靴に予算を

「スーツ」「革靴」「ワイシャツ」「ネクタイ」の4つは言わずもがなでしょう。

身なりはビジネスマナーの基本になります。

特に革靴は値段が全てではありませんが、1足3万円以上投資できると修理しながら長く履けるのでおすすめです。

革靴は3万円以上からは革質と造りが格段に良くなります。

手入れして長く履きたい方には特におすすめです。

↓こちらの記事で詳しく説明していますので、お時間のある方はどうぞ。

【コスパ重視】1万円の革靴を買うなら予算を3万円に上げるべき理由

ボールペン:少額で印象が良くなるおすすめアイテム

ボールペンも意外と見られています。

まずは1,000円〜3,000円くらいのものでも充分です。

特に、お客様に署名してもらう機会がある人は、用意しておくとお客様からの印象も良くなります。

お客様によっては、そこら辺で配られるようなボールペンを嫌がる人もいるので注意です。

私はPILOTのEVOLT(写真:緑)とwaterman(写真:黒)のボールペンを使っています。

ともに書き味がよく、お客様に使っていただくと、書きやすいとのお声をいただくことが多いです。

watermanのボールペンは、純正のインクよりもアダプターを購入してジェットストリームやアクロインクなどの日本製替え芯を入れて使うのがおすすめ。

アダプターはこちらの記事で詳しく書いています。

【レビュー】ウォーターマンに4C規格の替え芯を入れると書き味最高になる。リフィルアダプター「WM-01」

カバン・名刺入れ:目に留まる機会が多いアイテム

カバンや名刺入れも相手の目に留まることが多いものです。

初対面であれば名刺交換を必ずします。

また、カバンは面積が大きいため視界に入りやすいですよね。

私は革製のカバンを使い始めてから、よく「いいカバンですね。」とのお声をいただくことが多く、見られているのだなと改めて実感しています。

↓仕事カバンの記事はこちらです↓

東京の御徒町にある革にこだわったブランド「万双」のビジネスバッグの経年変化について書いた記事です。ご覧いただけると嬉しいです。

万双「ブライドル天ファスナー」12ヶ月での変化と1年使って気になったこと3つ

革製品は好きな人も多く雑談にも繋がります。

革質がよくしっかりとしたものを購入すると、10年以上と長く使えて結果的に安上がりです。

まとめ

今回は自分の見た目が相手に与える印象についてお話ししました。

まず見た目で良い印象を与えて、有利にコミュニケーションを図っていきましょう

今回の記事が、これから色々なことに挑戦をしようとしている若い方々に少しでも役に立つことを願っています。

以上

コメント

タイトルとURLをコピーしました