【レビュー】ウォーターマンに4C規格の替え芯を入れると書き味最高になる。リフィルアダプター「WM-01」

仕事

私はWatermanのボールペン「メトロポリタン」を使っています。

細くてスタイリッシュな見た目でとても気に入っているのですが、ずっと気になっていたことがあります。

Waterman純正インクの「インク漏れ」や「文字のかすれ」です。

この問題を解消すべく購入したのが、ボールペンリフィルアダプター「WM-01」です。

結論としては、

yasu
yasu

純正を使っていた時の悩みは全て解決しました。

とても満足しています。

※こんな方向けの記事です。

  • 純正インクに何かしらの不満がある
  • 純正の替え芯は高いので、安く抑えたい
  • 実際にリフィルアダプターを使っている人の声を知りたい

リフィルアダプターが合うかどうか不安な方は、少しでも参考にしていただけたら嬉しいです。

それでは参ります。

結論:とにかく書き味が最高になる

リフィルアダプターを使えば、Watermanの見た目はそのままに、自分の好きな書き味にすることができます。

使ってよかったと感じる点はこちら。

  • 純正のようなインク漏れがない
  • 同じ替え芯を使っている別のボールペンと書き味が揃う
  • ジェットストリームなど色々な4C規格の替え芯が使える
  • 一度アダプターを買えば、今後は替え芯のみで安上がり

インク漏れのストレスがなくなり、純正と比べて圧倒的に書きやすくなるのに、お財布にも優しい。

以下でそれぞれ説明していきますね。

使ってみてよかったこと

純正を使って気になっていたことは、このアダプターで全て解決しました。

純正のようなインク漏れがない

このアダプターを使ってアクロボールの替え芯に変えてからは、インク漏れが一切なくなりました。

Watermanの純正インクは、使っていない時にペン先にインクが溜まっていました。

そのため、使う前にティッシュでペン先を拭いてから使うことがしょっちゅうありました。

同じようにインク漏れに悩んでいる方は、こちらに変えると劇的に楽になります。

同じ替え芯を使っている別のボールペンと書き味が揃う

同じ替え芯を使えるので、他のボールペンと書き味を揃えることができます。

2本とも同じ替え芯を使っています。

書き味が揃うと筆圧や角度などを気にならなくなり、筆記時のストレスが減ります。

4C規格の替え芯が使えるボールペンをお探しの方は、PILOTのEVOLT(エボルト)もおすすめです。

3年ほどは使っていますが、1,000円ほどで買えるのにデザインがよく、アルミボディなのでそれなりに見えます。

ジェットストリームなど色々な4C規格の替え芯が使える

ジェットストリームなどの様々な4C規格の替え芯を使うことが可能。

ちなみに、私はコスパの観点からPILOTの「アクロボール」1択です。

万が一書き味に満足できなかったとき、別の替え芯を試すことができます。

自分の好みにあった替え芯を選べるのは、アダプター導入の最大のメリットです。

一度アダプターを買えば、今後は替え芯のみで安上がり

純正の替え芯は1本1,100円するため、長く使うほど「アダプター+4C規格の替え芯」の方がお得になります。

アクロボールの替え芯は100円なので、純正と比べると1回あたり1,000円が浮く計算になります。

純正の書き味に満足しているなら純正を選べば良いですが、もし他の替え芯の方が好みの場合、アダプターは1度購入すれば、以後は替え芯代だけになるので費用を抑えられます。

多くの方にとって純正を使い続けるのは高いと感じると思います。

こちらのアダプターを試してみる価値は大いにあります。

対応機種は「エキスパート」と「メトロポリタン」の2種類

パッケージにも記載があるのですが、Waterman専用のリフィルアダプターになります。

対応しているWatermanのペンは、

  • エキスパート
  • メトロポリタン

の2種類です。

コスパ最強の替え芯はPILOTのアクロボール「BRFS-10F」

替え芯は4C規格のものであればOKです。

4C規格の替え芯は、この3つが有名で人気があります。

  • 三菱鉛筆(uni)「ジェットストリーム」SXR-200
  • ぺんてる「ビクーニャ」KBXES
  • PILOT「アクロボール」BRFS-10F

中でも、アクロボールは1本100円で最も安く、コスパ最強です。

ジェットストリームは倍の200円、ビクーニャは150円します。

まずアクロボールを使ってみてください。

もし書きにくいと感じる方は、ジェットストリーム、あるいはビクーニャの購入をおすすめします。

純正とほぼ同じ長さ

では、私が愛用する替え芯のアクロボール「BRFS-10F」を装着してみたいと思います。

装着したところ、純正とほぼ同じ長さとなっています。

ボールペン本体に入れてみたところ、全く問題なく入ります。

ペン先も出過ぎず、引っ込みすぎず、純正とほぼ同じに見えます。

回す時に若干の引っ掛かりはあるが問題なし

メトロポリタンは回してペン先を出すタイプのボールペンです。

純正と比べると回す際、本当にわずかですが若干の引っ掛かりを感じます。

ですが、この差はほとんど無いと言ってもよいくらいで、問題なく普通に使えます。

今まででペン先が出なかったことは1度もありません。

おそらく、使っているうちに全く気にならなくなると思います。

そのくらいごく僅かに気になった程度なので、心配する必要はありません。

【まとめ】書きやすく、1度購入すればかなりお金が浮くのでおすすめ

純正を使っていて不満がある方は、こちらのアダプターを試してみて欲しいです。

もし今純正の替え芯を使っていて、インク漏れや文字のかすれに悩んでいる方へ。

一発で解消するので絶対に買って後悔しません。

しかも、1度購入すればずっとお金が浮くという優れもの。

自分の気に入っているリフィルを入れてWatermanを使えるのは嬉しいですよね。

とても書きやすくなって、もっと早く買っていればよかったと本当に思いました。

楽天は送料がかかってしまうので、購入はAmazonがおすすめ。

↓替え芯はアクロインクの「BRFS-10」がおすすめ。

当記事が少しでも参考なったのであれば嬉しい限りです。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

以上

↓多機能ペンをお探しの方はこちらの記事もおすすめ↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました