【エイジング】Apple純正iPhoneSEレザーケース(ミッドナイトブルー)6ヶ月の経年変化の記録

ガジェット

Apple純正のiPhoneレザーケースを使い始めて、6ヶ月が経過しました。

純正は他のケースと比べて少しお値段がするため、どのように経年変化するのか気になる人も多いはず。

私自身、購入までに色々と情報収集をしましたが、実際に写真を見ていただくのが1番かと思います。

これから購入を考えている方にとって少しでも参考になれば嬉しいです。

それでは参ります。

【参考】購入直後の写真

※比較のため、購入当初の写真を掲載します。

購入直後はマットで艶が少ないことがわかるかと思います。

購入直後の写真①
購入直後の写真②
購入直後の写真③

※購入直後の記事はこちらになります。

【レビュー】Apple純正 iPhone SE(第2世代)レザーケース エイジング前の写真

6ヶ月経過後の外観

購入当初と比べると、艶が増して全体的に色が濃くなりました。

全体的に均一に色が濃くなっています。

とても綺麗にエイジングが進んだと思います。

ですが、ミッドナイトブルーという色は、これ以上色の変化がわかりにくいとも言えます。

やはりサドルブラウンなどの明るめの色のように、激しい色の変化は期待できませんね。

その分、見た目に変化が少なく、長く楽しめます。

思い返すと最初の数ヶ月間は、手がよく触れる下側から濃くなり始めましたが、半年も使うと全体的に濃くなり、色の差は見られなくなりました。

使用に伴いできた若干の傷や、元からあった革の個体差から見られる血筋など、レザーケースならではの変化や革の表情を味わえます。

下側は最も手に触れやすい部分ですが、目立った変化はなく、特に劣化も見られません。

6ヶ月ほどの使用で、全体的に綺麗に色がエイジングが進んだと言えます。

レザーケースのいいところ

使っていて感じるレザーケースの魅力はこちら。

  • 軽い
  • 純正ならではの一体感
  • 経年変化する
  • ケースを買おうと思わなくなる

レザーケースはとても軽い点と、やはり経年変化する点が最大の魅力ですね。

衝撃に強いケースもたくさんありますが、iPhone自体が重くなってしまうのが難点です。レザーケースは非常に軽く、持った時の手首の負担が小さいです。

あとは、満足するためケースを買い替えたいと一切思わなくなるところ。

iPhoneケース探しの旅を終わりにでき、ケース探しに充てる時間とそのストレスから解放されます。

お手入れは「汚れ落とし」と「水分補給」

お手入れは、ケースを持った時にベタつきを感じるようになってから、だいたい2−3ヶ月毎に行っています。

レザーケースは毎日触れるため、手の汗や脂が付着します。

そのため、汚れ落としには革靴のケアにも使っている「モウブレイ」の水性の汚れ落とし「ステイン・クレンジングウォーター」を使っています。

水性の汚れ落としの良さは、シミになる心配が少なく、さらっと仕上がり重くならないこと。

汚れを落とした後は、同じく「モウブレイ」のデリケートクリームで水分の補給をしています。

革製品や革靴のケアと同様に、レザーケースも水分の補給が必要です。

こちらのクリームは革靴・レザーケースだけでなく革製品全般に使用でき、無色のため革の色を気にする必要もないのでとても重宝しています。

仕上がりもさらっとしており、革に必要な水分をしっかりと補給でき、革の柔軟性を保ち寿命を伸ばすのに一役買っています。

6ヶ月程度の使用ではまだまだ問題なく使える

ネイビーは色の変化が少ないものの、全体的に色が濃くなり購入当初と比べるとはっきりと違いを感じます。

明るい色を選ぶと色の変化をはっきりと感じることができる反面、見る人によっては革の色の変化を「汚い…」と感じる人もいます。

その点、ネイビーは色が濃くなる変化のみのため、周りから汚く見られる心配は無さそうです。

どのように色が変化するのか少しでもお伝えできたのであれば嬉しいです。

以上

※使い始めて1年経過しました。経年変化と詳しいお手入れについて書いています。

↓スマホの保険について考察してみました。まだ保険に加入していない方は必読の内容になっています。

【検証】iPhone SEにスマホ保険は必要か。補償が必要な人・不要な人の特徴

「家にあるLightningケーブルを綺麗にまとめたい」という方へ、こちらのレザークリップをご紹介。

本革のクリップでまとめることで、綺麗におしゃれにまとめることができます。

↓詳しいレビューはこちらの記事をご参照ください。

【レビュー】タバラット本革製コードクリップでケーブル類をすっきりまとめる

コメント

タイトルとURLをコピーしました