革底(レザーソール)をおすすめする理由。メリットとお手入れ方法

お手入れ

革底(レザーソール)って何が良いの?

革底のお手入れの仕方ってよくわからない。

そんなあなたへ。

当記事では、革底靴(レザーソール)の魅力をお伝えしていくとともに、お手入れ方法も解説します。

革底(レザーソール)をおすすめする理由

私が考えるレザーソールの魅力はこの3つ。

  • 通気性がよい
  • 見た目がかっこいい
  • 歩く時の音

順番に説明しますね。

通気性がよい

レザーソールの魅力で最も言われているのは、通気性の良さです。

革底の素材は、レザーとゴムの2種類があります。

革は天然の素材であり毛穴や繊維の間から革靴の中を空気が流れます。

一方、ゴム底は通気性が悪く、革靴の中が蒸れやすいです。

長靴を想像していただくとわかりやすいでしょうか?ゴムだと蒸れてしまいますよね。

靴を履いている昼間はこの通気性の良さを実感できないかもしれませんが、帰宅して靴を脱ぐときにゴム底の靴とは違うことに気づくはずです。

人の足は、1日でコップ1杯(約200ミリリットル)の汗をかくと言われていますが、レザーソールを履くことで蒸れにくくなり足の臭い対策にもなります。

見た目がかっこいい

結局、見た目のかっこよさも大事です。

レザーソールはゴム底と比べてスマートに見えます

底の部分にも革が使われていると見た目にも高級感があります。ソールの縫い目を隠す仕様の「ヒドゥンチャネル」など、ドレッシーな雰囲気を出しやすいのは圧倒的にレザーソールですね。

また、レザーソールはお手入れをしながら履くため、こだわりや愛着が出てくるのも魅力だと思います。

一方、ゴム底の靴は、底の張り替えができないものもあるため消耗品の感覚が抜けません。

また、見た目もあまりスマートとは言えないため、革靴にスマートさを求める方はレザーソールをおすすめします。

歩く時の音

レザーソールは駅の階段やアスファルトの上を歩くとき「コツ、コツ」という音がします。

個人的な自己満足になってしまいますが、音が好きです。

ゴム底の靴だとこの音が鳴らないんですよね。

レザーソールを長持ちさせるにはお手入れが必要

革底(レザーソール)は雨の日には履けず、面倒に思う人がいるかもしれません。

しかもレザーソールを長持ちさせるには、定期的なお手入れが必要です。

手間は掛かりますが、自分の足に合った革靴は履き心地が良いため、ゴム底の革靴には戻れません。

ステインリムーバーで汚れ落とし

ステインリムーバーで靴底の汚れを落としていきます。

使い古しの布切れやTシャツなどを適当な大きさにカットして、ステインリムーバーで汚れを落とします。

汚れが落ちたら乾燥をさせて、次の工程に移ります。

Saphirソールガードで栄養補給

革底(レザーソール)には油分を与えないとひび割れを起こしてしまいます。

栄養を与えることで、しなやかさを保つだけでなく、靴底の減りを遅らせる効果もあります。

色は透き通った黄色をしていて、サラサラしています。

気をつけないと思いのほかたくさんの量が出てくるので注意が必要です。

私はペネトレイトブラシを使って塗っています。

塗った後は、表面が乾燥するまで放置でOK。

乾いた後は、豚毛ブラシで磨いて完了です。

レザーソールを長持ちさせるため、このSaphirのソールガードは必須です。

コバのケアはコバインキを塗る

コバを綺麗にするとより一層引き締まって美しく見えます。

コバインキを持っていない方は、ぜひコバにも目を向けてお手入れすることをおすすめします。

使い方はとっても簡単。

コバが削れてきたら、紙やすりで軽く表面を整えて、コバインキを慎重に塗るだけ。

コバの面積に対して、コバインキの先端部分が気持ち大きいので、瓶のヘリでスポンジ部分をよく絞ります。

絞る理由は、スポンジが必要以上のインクを吸わずに済むようにするためです。

アッパーに触れないよう慎重に塗り進めます。

初めての方や心配な方は、マスキングテープを貼って作業すると良いです。

仕上げにKIWIのワックスを表面に塗って豚毛ブラシで擦ります。

水性のインキが落ちにくくなり、黒々したコバの輝きの持ちが違ってきます。

レザーソールの魅力を知ってお手入れをしながら長く履く

レザーソールの魅力を少しでもお伝えできたのであれば嬉しいです。

当記事をまとめます。

レザーソールの魅力

  • 通気性がよい
  • 見た目がかっこいい
  • 歩く時の音

レザーソールのお手入れもすぐに慣れるはずです。

ぜひ自分の足に合ったレザーソールの革靴を履いていただき、履き心地の良さを体験してもらいたいです。

私も履いていますが、日本のREGALが出しているブランド「SHETLANDFOX(シェットランドフォックス)」にはレザーソールを採用している靴が多くあります。

細身のデザインの革靴が多く、タイト目で足をしっかりとホールドしたい方におすすめです。

5年以上履いている靴もあり、ロングノーズで脚が長く見えて、とても気に入っています。

革質もよく、長く履いていただける1足だと思います。

※革靴のお手入れについて、こちらの記事にまとめました。よろしければ合わせてご覧ください。

革靴マニアが自信を持ってオススメする靴磨き用品10選 これだけ揃えればOK

以上

コメント

タイトルとURLをコピーしました