【まとめ】30代男性のスキンケアは何を使えばいい?普段使っているスキンケア用品を紹介

美容・健康

スキンケアって大事なのはわかるけど、何を使えばいいか迷っている。

30代ってどんなスキンケア用品を使っているの?

そんなあなたに向けて。

30代になると、20代の頃と比べてお肌の悩みも増えてきますよね。

今回は、「スキンケアには何を使えばいいのか」について、私が普段使っているスキンケア用品を交えながらお伝えしていきます。

少しでも参考になれば嬉しいです。

スキンケアの基本ステップ

スキンケアの基本的な順番はこれ。

  1. 洗う
  2. 補う
  3. 守る

たくさんの種類があって迷ってしまうスキンケア用品ですが、基本はこの3つのステップです。

私は、洗顔フォーム、酵素洗顔、オールインワン化粧水、乳液、パックを普段使っています。

順番に紹介していきますので、自分に必要で合いそうなものを買い足していけばOKです。

洗う:お肌を清潔にすること

普段の生活でも、お肌はけっこう汚れてしまうもの。

汗や皮脂をはじめ、空気中のほこりや排気ガス・花粉などで、お肌にはさまざまな汚れがついてしまいます。

洗顔はスキンケアの第一のステップで、とても重要。目的は「お肌を清潔にすること」です。

必要なものはこちら。

  • 洗顔料(洗顔フォーム、せっけん等)
  • クレンジング(メイク、日焼け止め使用時のみ)
  • 酵素洗顔

汚れを放っておくとトラブルにつながるため、お風呂で1日の溜まった汚れを落とすことが必要です。

洗顔料

余分な皮脂や汗・ほこりなどの汚れや、お肌に残った軽めのクレンジング料を落とすのに必要になります。

お肌に負担をかけないよう、洗顔ネットなどを使ってきめ細かい泡を立てるようにします。

油性の強いもの(メイクや強い日焼け止めなど)は落とせないものもあるので、必要に応じて次にお話しするクレンジングも併用していきます。

私は普段の洗顔には、「ロゼット 洗顔パスタ」の洗顔フォームを使っています。

たくさんの種類がありますが、中でも毛穴対策で評判の良い「海泥スムース」(緑色のパッケージ)を使っています。

「海泥」が古い角質や毛穴の奥の汚れまでしっかり吸着してくれます。

洗顔ネットで泡立てるととても細かい泡が立ち、洗い上がりもスッキリするのでとてもいい感じ。

皮脂が落ちすぎることもなく、ちょうどよいくらいに余計な油分が落ちている感じがするのと、わりと肌がツルツルになる気がします。

すっきりとした洗い上がりの洗顔フォームをお探しの方はお試しください。

↓洗顔ネットはこちらのネットの評判がよいです↓

クレンジング

メイクやウォータープルーフの日焼け止めを落とすときに使います。

メイクをする機会の多い女性は毎日使うことになる方も多いと思います。

普段メイクをしない男性も、ウォータープルーフの日焼け止めを使った際などに必要になることがあります。

もしお肌への負担を考えてクレンジングを使うのを避けたい方は、日焼け止めを買う際にクレンジングが必要なものかどうかの確認が必要になります。

酵素洗顔

酵素洗顔は普段の洗顔料では落とさない毛穴の汚れや黒ずみに効果を発揮する洗顔料です。

毎日は使いませんが、定期的に取り入れると毛穴の汚れが少しづつ少なくなり、ツルツルのお肌を維持できます。

ファンケルやsuisai、オバジが有名どころですね。

私は、ファンケルとsuisaiの酵素洗顔を使っています。

気になる方はこちらの記事をご覧いただければと思います。

補う:お肌に潤いと栄養を与えること

肌に潤いを与えて、肌の乾燥を防ぎます。

洗顔後の肌は皮脂が洗い流されているので、そのままにしてしまうと肌が乾燥し、皮脂を過剰に出そうとしてしまいます。

そのため、洗顔後は化粧水をはじめとする潤いを与えるケアが必要になります。

保湿に必要なものはこちら。

  • 化粧水
  • 乳液
  • 美容液
  • クリーム
  • パック

化粧水に代表される「水分」を与えるものと、乳液などの「油分」を与えるものに分かれます。

化粧水は既に使っている方もたくさんいると思いますが、乳液をはじめ油分のケアも必須なので、もしまだお持ちでない方は自分にあったものを手に取ってみてください。

化粧水

洗顔後、まず真っ先にお肌につけたいもの。

洗顔で皮脂が取り除かれたお肌は、素早く潤いや栄養を補給してあげることが必要です。

私が使っている化粧水はこちら。

「クワトロボタニコ」のボタニカルローション アフターシェーブというオールインワンの化粧水です。

このブランドを知ったのはプレゼントでもらったことがきっかけですが、自分のお肌に合い、夏の時期はこれ1本で済む手軽さがとても便利。

柑橘系の香りが爽やかで、黒1色のパッケージでおしゃれなボトルです。

そろそろお肌へ投資をしたいという30代の男性にぜひ使ってみて欲しい化粧水です。

※レビュー記事になります。

化粧水を手に取り、お肌によく馴染ませたら必要に応じて美容液をつけていきます。

美容液

お肌のハリ・ツヤ・透明感などを保つため、高濃度の美容成分などの栄養分を与えるものです。

美容成分だけでなく、保湿成分も配合されたものもあるため、お肌に気を遣うのであれば男性でも使うべき。

以前オルビスの美容液を試してみたことがありますが、保湿効果がとても高かったです。

気になる方はこちらの記事にまとめてありますので、よろしければご覧ください。

乳液

肌を油分で蓋をする役割の代表的なもの。

化粧水だけの使用では肌の水分が保てず乾燥してしまうため、油分で蓋をすることが不可欠です。

また、肌を保護する役割にもなるので、まだお持ちでない方はぜひ。

基本的な使い方は、皮脂の分泌の多いTゾーン(おでこ・鼻)は少なめに、乾燥しやすい目元・口元やその他気になるところには多めに使います。

乾燥肌の実感がある方は保湿効果の高いものを選ぶようにしてください。

私が使っている乳液はこちら。

「美人ぬか」純米乳液 さっぱり乳液

プチプラですが、とても使い心地がよく、もう何本もリピートしています。

さらっとした使い心地なので、こんな方におすすめ。

  • さらっとした使い心地の乳液が好き
  • 乳液を使ってみたいけど、ベタベタしそう

使い心地などのレビュー記事はこちらになります。

1,000円以下で購入可能で、気になったら気軽に・気に入れば使い続けやすい価格なのはとても嬉しいです。

※「自分のお肌の状態って言ってもよくわからないし…。」という方に。

オルビスの「スキンケアチェック」でいくつかの質問を選んでいくだけで、自分の肌に何が合うのかが簡単に診断できます。

自分の肌に合ったサンプルももらえますので、よろしければお試しあれ。

チェックしてみる>>オルビス スキンケアチェック

クリーム

乳液と同じく、肌に蓋をして水分の蒸発を防ぐために使います。

違いはこんな感じ。

乳液水分が多く、さっぱりとした使い心地
クリーム油分が多く、しっかりと蓋をするイメージ

自分の好みや、肌の状態、保湿性能をどのくらい求めるかで使い分けると良いです。

乾燥しやすい部分にはクリームを重ねたり、逆にテカリが気になる人は乳液から試してみるなど、お肌に合わせて使う必要があります。

パック

特に乾燥する時期にパックを使う方も多いのではないでしょうか?

最近では、美容成分が配合されていたり、美肌・美白効果、毛穴対策などが期待できるものがドラッグストアに多く並んでいますね。

私もパックをすることがありますが、こんな時にパックをすることが多いです。

  • お肌が焼けてダメージを受けたとき
  • 冬場の乾燥が気になる時期
  • 毛穴対策

それぞれ目的に合わせてパックを選べるようになっているので、気になる方は試しに使ってみるといいです。

お風呂上がりにパックするのって、けっこう気持ち良かったりします。

守る:紫外線対策をすること

肌の老化を早める紫外線を防ぐことも、重要なスキンケアになります。

紫外線を浴びると、肌が赤くなったりシミの発生の原因になったりします。

外出時だけでなく、洗濯物を干すときなど普段の生活の中でも紫外線を浴びる機会は多いです。

そのため、毎日の紫外線対策が重要になります。

紫外線対策に必要なものはこちら。

  • 日焼け止め
  • 日傘

日焼け止め

日焼け止めの効果は「SPF」や「PA」などの表記されており、どのくらい紫外線を防ぐことができるかの目安がわかるようになっています。

※簡単に「SPF」と「PA」を説明します。

SPFUV-B波に対する防止効果を示す数値。
(UV-Bとは、炎症を引き起こす短い波長の紫外線。
シミ・そばかすの原因になる)
数値が大きいほど紫外線カットの効果が高い。
PAUV-A波に対する防止効果を示す数値。
(UV-Aとは、肌を黒くする波長の長い紫外線。
シミやたるみの原因になる)
+(プラス)が大きいほど効果が高い。
「SPF」と「PA」についての説明

要するに、どちらも「数が多い方が効果が高い」ということです。

生活シーンに合わせた選び方はこちら。

日本化粧品工業連合会「紫外線防止用化粧品と紫外線防止効果」より引用

選び方の目安としては、

  • 日常生活…「SPF」10〜20 「PA」+ 〜 ++
  • 外出・屋外のレジャー…「SPF」30前後 「PA」++ 〜 +++
  • 炎天下の活動・海など…「SPF」50前後 「PA」+++ 〜 ++++

それぞれの数値が上がるほどお肌への負担も上がるため、必要なシーンに合わせたものを使うようにしましょう。

私が使っている日焼け止めはこちら。

お肌に優しいイメージのある「ユースキン」から発売されている日焼け止めで、「ユースキン シソラ UVミルク」です。

紫外線吸収剤不使用の日焼け止めを探して辿り着いた日焼け止めで、お肌に優しいのが1番の特徴

※レビュー記事はこちらになります。

急に暑くなってきて、先月くらいから割と検索で見つけていただきご覧いただいている方が多い記事になりますので、気になる方はどうぞ。

日傘

紫外線対策は日焼け止めを塗るだけではありません。

物理的に紫外線をカットするために欠かせないのが「日傘」です。

通勤時や外出時、日傘があると紫外線対策になるだけでなく、暑さ対策から熱中症予防も期待できます。

まだお持ちでない方は、今年こそ日傘デビューをしてみてはいかがでしょう。

日傘については、こちらの記事で熱く語っています。お時間のある方は読んでいただければ嬉しいです。

既に日傘をお持ちの方も、まだお持ちでない方も「その気持ちわかるー」と思ってお読みいただければ嬉しいです。

自分の肌に合うものを選んで

スキンケアで大事なことは、自分の肌に合ったものを使うことだと思います。

たくさんの種類がありますが、基本はこの3つです。

  1. 洗う:お肌を清潔にすること
  2. 補う:お肌に潤いと栄養を与えること
  3. 守る:紫外線対策をすること

まだ持っていないスキンケア用品があった方や、気になる商品があった方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

以上

コメント

タイトルとURLをコピーしました