【レビュー】デニムを育てるならジャパンブルージーンズ。素材にこだわる国産ブランド

ファッション

良いものを大切に長く使う。

当記事では、私が穿いている国産ブランド「ジャパンブルージーンズ」のデニムの色落ちやシルエット、履き心地についてご紹介します。

国産ブランドのデニムや「ジャパンブルージーンズ」が気になっている方に、少しでも参考になれば嬉しいです。

それでは参ります。

ジャパンブルージーンズについて

ジーンズの街、岡山県倉敷市児島で誕生したデニムブランド。

有名な「桃太郎ジーンズ」を手がける株式会社ジャパンブルーより2011年から販売されています。

日本で人気が出た「桃太郎ジーンズ」を海外向けに製造・販売するために、「JAPAN BLUE JEANS」という名称で販売を開始しました。

デニム愛好家からも人気が高く、穿き心地の良さだけでなく、美しく色落ちするデニムは存在感があります。

国内に約70店舗、海外には28店舗展開しており、セレクトショップやイオンモールなどのショッピング施設内にも取扱店があります。

購入理由

デニムを育ててみたい

一言でいうと、「デニムを育ててみたい」と思ったからです。

ものを買う時にいつも考えることは、「長く愛用できるか」ということ。

革靴や革製品など、お手入れをしながら長く使うことが好きで、このデニムなら長く愛用できると思いました。

1万円台から購入可能

国産デニムブランドの価格は2万円〜3万円ほどするものも多く、「ジャパンブルージーンズ」の価格帯は1万円台からあり、買いやすい価格も購入の決め手になりました。

他の国産ブランドって、けっこう高いんですよね。。

私と同じように初めて国産デニムブランドの購入をお考えの方は、こちらのブランドであれば比較的手に取りやすい価格に感じてもらえると思います。

レビュー:「INDIGO MAN」

穿いているのは「INDIGO MAN」というモデルのデニムになります。

色落ちや生地にこだわったシリーズのようです。

穿いている期間は、およそ1年ほど。この間の洗濯は2回。

ところどころ擦れて、色が抜けてきた部分が出てきました。

シルエットは「ハイテパード

(「テパード」よりも太ももと腰回りに余裕があり、テパードが強いモデル)

生地は18オンスなのでかなりしっかりとした厚みのある生地です。

その分、穿き始めはものすごくゴワゴワで固い。穿いているうちに、だんだんと自分の体に馴染んできます。

腰やお尻はややゆったり目で、太ももからふくらはぎにかけてテパードがゆるくかかっています。

太ももの太い方でも、シャープに穿くことができます。

お尻の部分と股部分は特に擦れやすいです。

バックポケットにステッチはありません。

膝裏にはハチノスと呼ばれる色落ちが出てきました。

裾直しをせずに穿いているため、折り目がついているのと裾部分の色落ちが見られます。

やはり裾直しをして穿いたほうがカッコいいと思いますので、お直し店に持ち込む予定でいます。

こちらのモデルはボタンフライ

穿き始めはものすごく硬く、1番下のボタンは特に硬くて、時には外せないときもありました。

今はだいぶ柔らかくなって馴染んでおり、スムーズに外すことができます。

こういったところも、長くこのデニムを穿いてきたんだなと思えるポイントです。

ボタンには「BLUE」の文字。

革パッチは藍色です。実物はもう少し明るいです。

ロゴマークとブランド名が刻印されています。

セルビッチが使用されている証である通称「赤耳」

裾直しをして靴にかかるかかからないかくらいにしてもいいし、写真のように少しだけ折り返して穿くのも良いです。

腰回りから太ももにかけてゆったり目

腰回りから太ももにかけてはどちらかというとゆったり目。

私は太もももふくらはぎも細くはないのですが、このジーンズは穿きやすいです。

やや余裕があるくらいのシルエットなのですが、動きやすさと程よい綺麗さを両立している感じ。

今では柔らかくなったおかげで、とても動きやすい。

ふくらはぎ部分はややテパードがかかっており、スタイル良く見えます。

「タイトなモデルやスキニーフィットはあまり…。」という方におすすめしたいです。

標準体型からややがっしりしている方まで、穿く人を選ばないモデルです。

モデルはシルエットにより4つに分けられる

「ジャパンブルージーンズ」は、シルエットによって4つに分けられます。

  • スキニー
  • テパード
  • ストレート
  • クラシックストレート

お分かりとは思いますが、下に行くほどシルエットが太くなります。

1.スキニー

体型にぴったりフィットする最も細いモデル。

シュッとしたシルエットでタイトに穿きたい方向け。

サイズは1−2インチ大きめの購入を推奨しますと公式サイトに案内があります。

2.テパード

膝下から裾に向かって絞っているシルエットで、脚が綺麗に見えます。

腰回りには余裕があるので、シルエットの綺麗さと穿きやすさの両立で人気のシルエット。

3.ストレート

名前の通り真っ直ぐなシルエットなのですが、ゆるくテパードがかかっています。

裾に向かって少しだけ絞っているおかげで、程よく細く綺麗に見えるんですね。

定番の形なので長く愛用できます。

4.クラシックストレート

太ももから膝下までゆとりのあるデザインです。

やや太めのシルエットで、カジュアルスタイル向けのシルエットになります。

こちらもゆるくテパードがかかっています。

国産デニムの入門におすすめ

「ジャパンブルージーンズ」について、少しは理解が深まったでしょうか。

価格は1本1万円台からと、初めての国産デニムに「ジャパンブルージーンズ」はおすすめです。

何より穿き心地がよいです。

最初は濃紺のデニムが、穿きこむことで自分だけの色落ちをしていくことでデニムを育てている感じがします。

デニムにこだわるようになると、デニムを洗濯する洗剤も選ぶようになります。

あなたも、お気に入りのデニムを長く穿いてみませんか?

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

以上

コメント

タイトルとURLをコピーしました