楽天モバイルに申し込んでみた。メリット・デメリットとおすすめな人の特徴

ガジェット

楽天モバイルのメリット・デメリットを知りたい。

申し込む上で、押さえるべき点って何があるの?

楽天モバイルは、今やテレビでCMを見ない日がないくらい有名となりました。

「気にはなっているけど、まだ申し込めていない」という方もいるのではないでしょうか。

今回は、楽天モバイルを使って半年経過した私が、実際に使っていてどう感じているかをお伝えしたいと思います。

ここだけは押さえてもらいたいポイントをまとめました。

「楽天モバイル」を申し込んだ経緯についても触れますので、読んでみて「楽天モバイル、意外といいかも」と少しでも思えたのなら、とりあえず申し込んでみて損はないかと。

それでは参ります。

楽天モバイルに申し込んだ理由の1番は「1ギガ未満ずっと無料」

私が楽天モバイルを申し込んで得たかったことはこちら。

  • 3ヶ月無料だし、とりあえず試す←2022年2月8日でキャンペーン終了となります。
  • 楽天市場のポイント還元率+1%
  • 眠っているAndroidの活用(結局新しいAndroidを購入した)
  • 1ギガ未満なら無料。無料で2台持ちの実現。
  • 両親のスマホ代節約のため、まず自分が体感したい
  • メインのiPhone SE(第2世代)のバッテリー節約と延命
  • 月に使えるギガ数が単純に増える

結果として、今のところ不満はありません。

なにより3ヶ月は無料ですし、気になるならとりあえず試してみるのが良いと思います。

↑2022年2月8日でキャンペーン終了となります。

先に残念なところ

多くのサイトでは良いところばかりアピールすると思います。

先にデメリットを知っていただき、これらの不安を解消できそうであれば、間違いなく申し込んで損はしません。

残念なところはこの4つ。

  • 大手3社と比べると通信エリアに不安がある
  • 5ヶ月目〜は月1ギガ以上使うと有料
  • データ量の上限を設定できない
  • 料金は最大で3,278円(税込)

それぞれ解説していきますね。

大手3社と比べると通信エリアに不安がある

楽天の通信エリアは、docomoやau、softbankと比べるとまだ劣っていることは確かです。

圏外になることもあるみたいなので、メインにしようと考えている方は、まずお試しで使ってみてから判断した方が良さそうです。

また、通信エリア圏内であっても、楽天回線エリアとパートナー回線エリアに分かれており、楽天回線エリアに当たればデータ無制限に使えますが、パートナー回線エリアの場合は月5ギガまでしか高速通信は使えません。

お住まいのエリアや主に活動するエリアが楽天回線エリアに入っているか、事前に確認するか、実際に申し込んでみて体感してみると良いです。

5ヶ月目〜は月1ギガ以上使うと有料

楽天モバイルは段階的に料金が設定される料金プランとなっています。

盛んに「1ギガまでは0円」と言っていますが、1ギガ以上3ギガ未満は1,078円、3ギガ以上20ギガ未満なら2,178円、20ギガ以上使うと3,278円になります。

無駄のないプランのため魅力的ではありますが、ずっと無料で使いたい人は1ギガ未満になるように通信量を管理する必要があります。

データ量の上限を設定できない

段階的に料金が上がる仕組みですが、データ通信量の上限を設定できないので、料金を抑えたい人は通信量を管理する必要があります。

1ギガ以上3ギガまでは1,078円ですが、3ギガを少しでも超えてしまうと次の段階の2,178円に上がってしまいます。

管理の方法は、「楽天モバイルアプリ」にログインすると一目でわかります。

アプリは楽天でスマホ本体を購入すれば最初からインストールされていますので、あとはログインするだけでOKです。

料金は最大で3,278円(税込)

月に20ギガ以上使った場合、料金は最大で3,278円になります。

使い放題と決めて利用するのであれば、楽天モバイルは速度も申し分ないので良いかもしれません。

ただ、月々の料金を抑えたい人にとっては、3,000円台は少し高い料金設定です。

もし比較する対象がdocomoの「ahamo」やauの「povo」、softbankの「LINEMO」であるなら、通話無料かつ20ギガ以上使える点から対抗可能でしょう。

おすすめの理由7つ

理由はたくさんあります。

  • 3ヶ月間は使い放題←2022年2月8日でキャンペーン終了となります。
  • 1ギガまでならずっと無料
  • キャンペーンでスマホ本体が実質1円から購入可能
  • 楽天Linkアプリで通話が24時間無料
  • 楽天市場のポイント還元率が+1%になる
  • 事務手数料・違約金・MNP転出手数料がかからない
  • 通信速度が速い
  • eSIM対応

ここまで読んでいただいた方はもう申し込んで損はしませんが、もっと細かく知りたい方は読み進めていただければ幸いです。

私自身すごく満足している点ですし、おそらく利用する方の多くも満足度が高いのではないかと思います。

では、それぞれ説明します。

3ヶ月間は使い放題←2022年2月8日でキャンペーン終了となります。

3ヶ月間は利用料金が一切かかりません。

ただ、2022年2月8日でキャンペーン終了となります。

最大の魅力。いくらギガを消費しようが、3ヶ月間は一切料金がかかりません。

開通した日から3ヶ月後の月末まで無料となるので、ほとんどの方が4ヶ月間無料で使えます。←2022年2月8日でキャンペーン終了です。

すごいですよね。

こちらが3ヶ月間の料金明細です。7月5日から使用開始しました。

私の場合、10月末まで無制限に通信が利用可能で、11月1日からは月に1ギガ以上使用すると料金が発生します。

注意点は、1日に開通してしまうと無料期間が3ヶ月に短くなってしまうので、2日以降に開通となるように申し込みをした方が良いです。

1ギガまでならずっと無料

1ギガ未満の場合、ずっと無料で使い続けられます。

私は無料期間が終了したら、1ギガ未満に抑えて運用する予定でいます。

「1ギガ未満なら無料」が実現可能なのは、今のところ楽天だけです。

キャンペーンでスマホ本体が実質1円から購入可能

キャンペーン対象の機種限定、かつ楽天ポイントでの還元となりますが、実質1円からスマホ本体を購入可能です。

最大で25,000ポイントの還元を受けられます。

私は25,000ポイント還元の実質負担1円で「OPPO A73」を購入しました。

私もですが、昔使っていたスマホが家に眠っている方は、おそらくこのキャンペーンで新しいスマホを購入した方がより高性能なものが使えて良いと思います。

昔のスマホはこの機会に買い取りへ持ち込み、換金してしまいましょう。

iPhoneであればまだ現役で使えるかもしれませんが、高く売れるうちに売ってしまうのも1つです。

公式サイト>>楽天モバイルならスマホの料金が超お得!

楽天Linkアプリで通話が24時間無料

楽天Linkアプリを使えば、24時間通話が無料になります。

よくアプリを使うと通話料が半額になるものは多いと思いますが、楽天モバイルは無料です。

電話をかける機会が多い方は、2台目に持っておくと通話料がかなり節約できます。

楽天市場のポイント還元率が+1%になる

楽天モバイルを契約していると楽天市場のポイント還元率が「+1%」になります。

「開通が完了した月」から対象になるので、商品の購入を予定している方は楽天モバイルの開通後に購入するようにしましょう。

おそらく開通した日もしくは翌日くらいにはポイントが「+1%」になっているはずです。

詳細は公式サイトをご覧ください>> 楽天モバイル ご利用中なら、ご契約中楽天市場でのポイントが、+1倍!

事務手数料・違約金・MNP転出手数料がかからない

他の格安SIM会社の多くは、申し込み時に3,000円ほどの事務手数料がかかることが多いです。

楽天の場合、申込手数料は一切かかりません。

また、解約時の違約金とMNP転出手数料もかかりません。

試しに申し込んでみるには条件が良すぎます。

楽天の狙いとしては、気軽に申し込んでもらって楽天経済圏を利用してもらいたいからでしょうから、ありがたくその恩恵に預かりましょう。

通信速度が速い

大手並みの速度のため、使っていて速度に不満はありません。

格安SIMの場合、多くはお昼時や夕方、夜間に速度が遅くなるデメリットがあります。

楽天の場合この速度低下がないため、読み込み時のストレスはありません。

eSIM対応

楽天モバイルはeSIMに対応しています。

また、eSIMに対応したスマホも扱っていますので、メイン回線は物理SIM、楽天はeSIMというように使い分けることも可能です。

楽天モバイルを通話無料の電話専用SIMという使い方でも良いですし、私のようにスマホ2台持ちにする方法でも良いと思います。

こんな人におすすめ

ここまでお読みいただいた方であれば、もはやいうまでもありませんが敢えてまとめるなら。

私が考える「楽天モバイル」がおすすめな人の特徴はこちら。

  • とりあえず3ヶ月無料に惹かれる人
  • 1ギガ未満でずっと無料で運用したい人
  • 電話をかける機会が多い人
  • スマホ本体をお得に購入したい人

これらにあてはまる方は試してみる価値はあると思いますよ。

公式サイト>>楽天モバイル

申し込みにあたって注意すること

こちらも絶対にお伝えしたいことをまとめます。

キャンペーンを見逃さない

楽天銀行や楽天市場、楽天カードなど、既に楽天を利用している方を対象としている事前申し込みが条件のキャンペーンがあることです。

期間限定ポイントですが、2,000ポイントもらえたりします。

必ず事前にキャンペーンがあるか確認することをおすすめします。

私は見逃してしまったので、読んでくれたあなたには私と同じ過ちをしてほしくないです。。

口座振替の場合、手数料110円がかかる

クレジットカードでの支払いなら問題ありませんが、口座振替は手数料がかかるので注意です。

楽天カードをお持ちなら、楽天市場のポイント還元率も上がるので、まだ楽天カードをお持ちでない方は合わせて検討したほうが絶対にお得ですよ。

公式サイト>>楽天カード

申し込まない選択肢はない

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

もし少しでも気になったのであれば、楽天モバイルを申し込まない手はないです。

きっと多くの方は楽天に定住することになると思います。

楽天モバイルのメリットとデメリットをまとめます。

メリットまとめ

  • 3ヶ月間は使い放題←2022年2月8日でキャンペーン終了になります。
  • 1ギガまでならずっと無料
  • キャンペーンでスマホ本体が実質1円から購入可能
  • 楽天Linkアプリで通話が24時間無料
  • 楽天市場のポイント還元率が+1%になる
  • 事務手数料・違約金・MNP転出手数料がかからない
  • 通信速度が速い
  • eSIM対応

デメリットまとめ

  • 大手3社と比べると通信エリアに不安がある
  • 5ヶ月目〜は月1ギガ以上使うと有料
  • データ量の上限を設定できない
  • 料金は最大で3,278円(税込)

とにかくスマホ代を安くしたい方、スマホ本体をお得に購入したい方、とりあえず試してみてはいかがでしょうか?

公式サイトはこちら【楽天モバイル】

ちなみに、私は25,000ポイント還元で実質負担1円で「OPPO A73」を購入しました。

よろしければ、こちらに詳しく書きましたので、ご覧ください。

楽天モバイル、申し込んで本当によかったです。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

以上

コメント

タイトルとURLをコピーしました