【2021年2月分】一人暮らし30代男の家計簿。家賃・食費・生活費・投資額の内訳

お金

一人暮らしの男の人って、どのくらいお金を使っているのだろう?

私は、家計簿アプリの「マネーフォワードME」を使ってお金を管理しています。

家計簿を2021年1月分からブログにて公開しています。記録として残すことが目的です。

プロフィール

ちなみに、こんな人が書いています。

  • 地方在住
  • アパート一人暮らし
  • 交通費支給、家賃手当なし
  • 車保有
  • ペットなし、酒・タバコなし
  • 食事はほぼ自炊

2021年2月の収支

収支計 254,907円

支出計 130,858円

収支 +124,068円

この他に、楽天証券にて毎月約4万円の投信積立に加えて、iDeCoにて2.3万円を運用をしています。

収入内訳

給与所得 254,907円

今月も残業なしのため、残業代はありません。

転職をしてから、残業代なしが普通になっています。

※転職をした時の話はこちらの記事に書いていますので、よろしければご覧ください。

銀行員は今すぐ転職すべきか。byコロナ禍で転職した30代前半元銀行員

支出内訳

大項目中項目費用 備考
住宅家賃53,330
食費食料品21,375
保険個人年金保険15,368毎月定額
医療費10,000隔月定額
通信費スマホ通信費1,102FREETEL
WiFi通信費2,388先月の日割分を含む
水道・光熱費ガス代6,840プロパン
電気代1,456楽天でんき
自動車駐車場代8,250毎月定額
ガソリン代1,881
交際費外食1,881
趣味娯楽費1,730書籍等
衣服・美容関連美容室1,650
日用品日用品3,607
合計130,858

食費が先月よりも僅かに多いですが、過去1年間を見ると2万円前後が平均なので許容範囲です。

食費は1.5万円前後〜2.5万円前後と変動が大きい時期もありましたが、今は前よりも落ち着いています。

スマホ通信費はFREETELを利用しており、楽天系列でありながら回線はdocomo回線という珍しいタイプです。いまだにFREETELLの契約を継続している人は少ないかもしれませんが、WiFiと併用すれば現状のままの方が総額で通信費を抑えられることから運用継続中です。

病院代ですが、8週間毎に通院しており、定額で1万円の医療費がかかっています。

買い物はこちらの本を購入しました。

多くのブロガーが絶賛している本です。

漫画部分と解説部分に分かれているので読みやすいです。

解説も詳しく細かく書いてあり、難しく感じるところもありますが、非常にためになります。

「こうした観点でブログを作っていくことが重要なのか!」と為になりました。

まだ読まれていない方へおすすめします。

また、こちらも同じく多くのブロガーからおすすめされています。

2021年2月の収支を振り返って

2月はあまりお金を使いませんでした。

特に買い物が少なく、本1冊という…。

ちなみに、来月は大きな買い物をしています。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

【2021年3月分】一人暮らし30代男の家計簿。家賃・食費・生活費・投資額の内訳

以上

コメント

タイトルとURLをコピーしました