【レビュー】JPRiDE TWS520 高コスパで初めてのワイヤレスイヤホンにおすすめ

ガジェット

「ハイブランドの音質とクオリティ」

このうたい文句に惹かれて購入した自身初のワイヤレスイヤホン「JPRiDE TWS520」

購入から半年。

iPhoneでほぼ毎日電車通勤に使用していますので、完全ワイヤレスイヤホンが気になっている方は参考にしていただければと思います。

オールブラックでシンプルな外観

ケースとイヤホン本体はすべて黒でシンプルです。

プラスチック製で、特別高級感も無ければ、チープさも感じられません。

値段相応というところ。

蓋を開けると青白いランプが点き、イヤホンは充電中は赤ランプが点きます。

「カナル型」で、音漏れが少ない

イヤホン本体は耳の中にフィットする「カナル型」です。

イヤーピースは、予めイヤホン本体に1つ取り付け済みで、付属で4種類が付くため、好みの付け心地に変更可能です。

私は最初からついていたものでピッタリでした。

ケースの大きさはAppleのAir Pods Proとほぼ同じ大きさで、ケース含む重さは49gとなっています。

重さはAir Pods Proより少し軽いです。

ケース側面には充電用のMicroUSBポートがあります。

ケーブルは付属しますが、充電器は自身のものを使う必要があります。

イヤホン操作は慣れれば便利

イヤホンをタップしたり、長押ししたりして、操作できます。

よく使う操作は、

右1回タップ→音量1上げ

左1回タップ→音量1下げ

右長押し→1曲飛ばし

右2回タップ→再生/ストップ

誤タップはあまりなく、操作でストレスは特に感じません。

音質はまあまあ。悪くはないです。

音質についてですが、低音の輪郭がほんの少し引き締まると言うことないのですが、それ以外は、特に悪いと感じません。

音の遅れは完全ワイヤレスであり避けられませんのでごく僅かにありますが、気にならない程度です。

まとめ

価格が5,000円を切っていますし、コスパは高い

完全ワイヤレスイヤホンが初めての人にぜひ使ってみてほしいです。

きっと「ワイヤレスって、こんなに楽なんだ!」と感じると思いますよ。

以上

コメント

タイトルとURLをコピーしました