iPhone13は買いなのか。12・11との比較とそれぞれおすすめな人の特徴

ガジェット

新型iPhoneの発売が9月24日に決定しました。

この機会にiPhoneの買い替えや、AndroidからiPhoneに変更する予定の方も多いことでしょう。

当然、新しいiPhoneの方が良いに決まっていますが、気になるのは1つ前のiPhone12や11との違い。

スペック差や価格差について比較し、機種毎の違いやそれぞれの機種がどんな人におすすめなのか、どこで買うのがお得なのかまとめていきます。

※Proモデルまでは不要で、通常モデルで比較したい方向けの記事になります。

【結論】どれが買いか

結局のところ、どれが買いなのか。そのために、iPhone13の主な特徴と追加機能をまとめます。

これらに魅力を感じた方は13を選び、あまり重要でない方は型落ちの12か11でも充分すぎる性能を持ちます。

  • 新色「ピンク」「シエラブルー」が追加
  • プロセッサが「A15 Bionic」にパワーアップ
  • カメラ性能の向上(f値・イメージセンサー・手ブレ補正の向上)
  • ビデオ撮影に「シネマティックモード」が搭載
  • バッテリー性能の向上
  • Proモデルのみ「ProMotion」をiPhoneとして初めて採用(最大で1秒間に120回画面を更新)
  • 画面上部のノッチが約20%縮小
  • 本体サイズ:高さ・幅は変わらず、厚さ+0.25mm
  • 重量:前機種12と比べ少し重い mini:+7g、13:+11g、Pro:+16g、Pro max:+12g
  • ストレージ:最低容量が「128GB」に増加

最も重要なチップ性能ですが、1つ進化した「A15 Bionic」が搭載されました。これにより今まで以上に動作がサクサクし、重いゲームでも快適にプレイすることが可能となります。

また、Proモデルのみ「ProMotion」を搭載し、最大で1秒間に120回の画面表示ができるほど能力が向上しました。より滑らかな画面表示になることが予想されます。

サイズは厚み以外同じで、重さもほぼ変わりません。バッテリー性能も向上しているため、多くの人にとって使いやすく進化したと言えます。

価格差について

気になる価格差について。

赤字は対Apple比でお得な販売会社です。

64GB128GB256GB512GB
iPhone13Apple98,800円110,800円134,800円
楽天モバイル98,800円110,800円134,800円
iPhone12Apple86,800円92,800円104,800円
楽天モバイル79,800円
iPhone11Apple61,800円67,800円
Y!mobile48,240円
iPhone13・12・11の価格比較

13と12を比較すると、Apple公式で128GBの場合の価格差は6,000円。楽天モバイルでの購入であれば、19,000円の差になります。

64GBはAppleで購入可能で、iPhone13 128GBとの価格差は12,000円です。この差額であれば13も視野に入れたいですよね。

11はY!mobileが最安値と思われ、Apple公式との価格差は13,560円です。新規契約か乗り換え(MNP)が条件になりますので、この機会にまだ格安SIMデビューしていない方は検討してみることをおすすめします。

結論としては、お得に「12」「11」を購入したい方は、「楽天モバイル」か「Y!mobile」の直営店orオンラインショップがおすすめです。

「Y!mobile」の直営店orオンラインショップはこちら。

13がおすすめな人の特徴

13がおすすめな人の特徴はこちら。

  • 新色のiPhoneが欲しい
  • ビデオ・カメラ機能の向上に魅力を感じる
  • ゲームをよくやる

13の魅力は、新色の「ピンク」「シエラブルー」の追加と、A15 Bionic」搭載によるサクサク感の向上とカメラ性能の向上にあります。

重いゲームをやる人にとっては非常に嬉しい点で、チップ性能の向上により今まで以上に快適にプレイできます。

また、ビデオ・カメラ性能の向上により、お子さんや大切な人との思い出を綺麗に確実に残したい人にとっては重要なポイントです。

一方、価格については基本的にどこで購入しても同じです。

ただ、少しでもお得に購入したい人は、購入金額に対してポイントが付与される「楽天モバイル」がおすすめです。

本体代に対してポイントが付与されることに加え、支払いを「楽天カード」にすれば、48回払いまでは分割手数料がかかりません。

楽天モバイルは「楽天リンクアプリ」を使えば24時間通話無料かつ3,278円でデータ無制限で使えるため、申し込みがまだの方はチェックした方がいいです。

→楽天モバイルについて、こちらの記事でレビューしています。

12・11がおすすめな人の特徴

12・11がおすすめな人の特徴はこちら。

  • 最新機能は必要ない
  • お買い得なiPhoneを買いたい
  • 「グリーン」「パープル」のiPhoneを使いたい

最新機能は不要な人で、12と11にしかない「グリーン」「パープル」が欲しい人です。

iPhoneは一度購入したら長く使うため、見た目も重要ですよね。

11であれば、ワイモバイルが最安値(64GB:48,240円)のため、かなり安く購入することが可能です。

Appleの販売戦略の旨さですが、前述の通り128GBで比較するとApple公式サイトでは13と12の価格差が6,000円とほとんど無いため、価格差から12を選ぶメリットが少し薄いです。

※楽天モバイルで割引があり、新規・乗り換え(MNP)で79,800円になっています。

スペック比較

要点を絞ってiPhone13・12・11のスペックを比較してみました。

比較表

個人的には、12から13への変化は、「チップ」「カメラ」「バッテリー」の3つが最も大きなポイントだと思います。

iPhone13iPhone12iPhone11
ディスプレイSuper Liquid Retina HD
最大輝度 800ニト(+28%)
Super Liquid Retina HDR
最大輝度 625ニト
Liquid Retina HD
最大輝度 625ニト
カメラf/1.6絞り値
センサーシフト式光学手ブレ補正
f/1.6絞り値f/1.8絞り値
チップA15 BionicA14 BionicA13 Bionic
ビデオ再生時間最大19時間最大17時間最大17時間

画面は12と同じものが採用されていますが、最大輝度が28%上昇し、より明るくなりました。

カメラ性能は、広角カメラ(通常使用するカメラ)にiPhone12 Pro Maxだけが採用していた「ピクセルサイズ1.7μmの大型センサー」と「センサーシフト式光学手ブレ補正」が採用されています。

これにより、今まで以上に暗所での撮影と手ブレに強くなりました。

また、「シネマティックモード」が新たに追加され、被写体から被写体へ自動でフォーカスを切り替える機能が搭載されました。

iPhoneで撮影をするだけで、自動でまるで映画のようなビデオにすることができるようです。

チップは「A15 Bionic」が搭載。バッテリー性能向上も相まって、処理性能が上がって稼働時間が伸びたのは嬉しいですね。

まとめ

当記事では、新型iPhone13と前の機種であるiPhone12・11との比較をして、どの機種がおすすめなのかについてまとめました。

当記事をまとめます。

iPhone13がおすすめな人

  • 新色のiPhoneが欲しい
  • ビデオ・カメラ機能の向上に魅力を感じる
  • ゲームをよくやる

iPhone12・11がおすすめな人

  • 最新機能は必要ない
  • お買い得なiPhoneを買いたい
  • 「グリーン」「パープル」のiPhoneを使いたい

どちらにも共通しますが、購入はdocomoなどの3大キャリアよりも本体代にポイントが付与される「楽天モバイル」がおすすめです。

iPhone11のみ、「Y!mobile」が最も安くなっていますので、気になる方は在庫が残っている内にぜひチェックしてみてください。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

以上

コメント

タイトルとURLをコピーしました