格安SIM「FREETEL」からMNP転出して「IIJmio」に乗り換えた理由

ガジェット

格安SIM気になってるけど、何となく不安。

でも、月々のスマホ代は何とかしたい。

これは誰もが気になる話題ではないでしょうか。

格安SIM会社が数多くあり選択肢が増えた反面、どの会社が自分に合うのか迷ってしまいますよね。

今回は、格安SIMの「FREETEL」から「IIJmio」に乗り換えた理由をお伝えします。

※こんな方向けの記事です。

  • とにかくスマホ代を安くしたい
  • 格安SIMを試してみたい
  • 月20ギガは不要
  • 低速モードを使うことが多い
  • 両親に買ってあげるスマホを探している
  • 対面サポートは不要

結論としては、「料金を最優先したい人」におすすめです。

通信速度も、キャリアほどではないかも知れませんが、そこそこ出ています。

必死に検討した結果をシェアしますので、少しでも格安SIM会社選びの役に立てれば嬉しいです。

IIJmio(みおふぉん)

現在のスマホ料金状況

参考までに、現在の私のスマホ料金状況からお伝えします。

  • 料金:1,102円(税込)
  • 通信会社:FREETEL(フリーテル)
  • プラン:月100MB未満
  • 使用端末:iPhone SE(第2世代)SIMフリー
  • 解約金:なし
  • MNP手数料:2,200円(税込)

料金は月1,102円で、データ使用量は100MB未満です。

外出時はほぼ低速モード(200kbps)で使用し、家ではWiFiを使っているためこの料金で済んでいます。

ですが、外出先での低速モードをいい加減に卒業しようと思い、動き出しました。

通信会社は、楽天に買収された「FREETEL(フリーテル)」です。

FREETELをお使いの方の多くは、既に別の通信会社に乗り換え済みかもしれませんね。

端末はSIMフリーのiPhoneを使っています。そのため、回線はdocomo、au、楽天モバイルのどの会社でも使えます。

現在の料金に不満はありませんでした。ですが、より安く済む通信会社があれば乗り換えを検討していました。

注意点として、乗り換えにあたり利用期間に応じたMNP転出手数料がかかります。

私の場合、契約後13ヶ月超のため「2,200円」の負担になります。

旧 FREETELのMNP転出手数料についてはこちら

現在まで FREETELをお使いの方は、間違いなく契約から13ヶ月以上経っているため、MNP転出手数料は2,200円になります。

「IIJmio」を選んだ理由

では、なぜ「IIJmio」に乗り換えたのか。

理由は、「速度」「料金」「キャンペーン」の3つです。

(あと、さすがにスマホの高速通信を月100MB未満はだるくなったから…。)

この3つ以外にもいくつかメリットがありますので、以下で説明していきます。

速度:概ね満足の声が多く、au回線の方が早い

気になる通信速度ですが、口コミや多くの速度比較サイトの情報をまとめると、docomo回線よりもau回線の方が速度が早いようです。

理由は、利用者の数がau回線の方が少ないため。

どちらの回線タイプを選択しても、速度は概ね満足している声が多いだけでなく、低速モードが300kbpsであり、高速通信量にカウントされない点も評価できます。

(でも、この後に説明しますが「3日間の合計使用量は366MBまで」なので使い放題ではないです。)

また、低速モードでも通信開始から1秒ほどは高速通信が可能になる「バースト転送」も使えます。

低速モードと高速通信の切り替えをよくする方におすすめできます。

料金:2ギガで858円(税込)〜はかなり安い

音声通信SIMの場合、最安で2ギガ858円から利用できます。

※現在、1GB増量×12ヶ月のキャンペーン中です。

ギガ数2G→3G4G→5GB8G→9GB15G→16GB20G→21GB
料金(税込)858円1,078円1,518円1,848円2,068円

格安SIMを選ぶ方は、毎月のギガ数はそこまで必要なく、利用料金を下げたいという人が多いと思います。

4ギガでも1,078円なので、かなり安い部類です。

キャンペーン:初期費用3,300円→1,650円に(3月31日まで)

通常は初期費用が3,300円(税込)かかるところ、キャンペーン適用により1,650円になります。

他社からの乗り換え(MNP)が条件で、期間は3月31日までです。

初期費用など事務手数料がかかると乗り換えのメリットが薄まってしまうので、このキャンペーンはとても嬉しいです。

公式サイト→IIJmio(みおふぉん)

その他のメリット

その他にもいくつものメリットがあります。

端末:最安110円〜購入可能

キャンペーン中で端末がすごくお得になっています。

「端末も一緒に購入したい」という方には、端末セットでの契約がおすすめです。

現在キャンペーン中で、最安のAndroidのモデルなら110円〜購入できます。

また、中古端末になり最新のモデルはありませんが、iPhone 8やiPhone XRなどが選べるため、iPhoneデビューしたかったけど価格で迷っていた方にもおすすめ。

iPhoneも割引価格での購入が可能で、3月31日までのキャンペーンになりますがすごくお得だと思います。

公式サイト→IIJmio(みおふぉん)

MNP転出料・期間縛り・契約解除料すべてなし

他社へ今使っている電話番号を引き継いで乗り換えする際、MNP転出手数料がかかる場合があります。

ですが、IIJmioは MNP転出手数料がかかりません。

また、期間の縛りや解約時の手数料もありません。

手数料の負担がないため手軽に試せて、もし不満な点があれば他社に乗り換えることが可能です。

余ったデータ繰越が可能

使いきれなかったデータ量を、翌月に繰り越すことができます。

もしプランを変更したい場合も、会員専用ページから変更が可能です。

電話は専用アプリを使って30秒11円で利用可能

みおふぉんダイアルアプリ」という専用の電話アプリを使えば、通常だと30秒22円かかるところ通話料が半額になります。

最初にダウンロードしておけばよいので、忘れずにダウンロードしておきましょう。

App:→みおふぉんダイアルアプリ

注意点

メリットばかりに目をやりがちですが、注意点もしっかりとご説明します。

昼の時間帯の速度低下

格安SIM共通の注意点として、混雑する時間帯の通信速度はある程度の妥協が必要であることが挙げられます。

格安SIM会社は回線をキャリアから借りている形のため、混雑する時間帯では回線に余裕がなく、通信速度が遅くなりがちです。

ただ、一般的にはそうみたいですが、体感では全く感じません。

むしろ激速です。

docomo回線ではお昼の時間帯の速度低下がひどいとの口コミがあるため、昼の時間帯も使う方は私と同じようにau回線を検討した方が良さそうです。

もしこの速度低下が耐えられない場合は、「UQモバイル」や「Y!mobile」を選んだ方が良いと思います。

ただ、本当に私が使うau回線では、速度低下は感じないですね。

公式サイトはこちら→UQ mobile

「Y!mobile」はこちら→Y!mobile正規取扱店【Yステーション】

支払いはクレカのみ

支払い方法はクレジットカードのみです。

口座振替が選べないため、口座振替にこだわる人はデメリットになるでしょう。

クレジットカード払いならカードのポイントも貯まるため、口座振替にこだわらないのであればこの点は問題ありませんね。

低速モードは3日間合計366MBの制限あり

この点はちょっと注意が必要です。

低速モードの使用は可能ですが、3日間合計の通信量が366MBを超えると速度制限がかかります。

低速モードの速度が約300kbpsである点と、通信開始から1秒ほどは高速での通信となる「バースト転送」が使える点はすごく良いです。

体感でFREETELよりもかなり早くなりました。

ただ、低速モードを使いすぎると通信規制がかかります

例を挙げて説明すると、使った通信量がそれぞれ

1日目…100MB(残り266MB)

2日目…200MB(残り66MB)

3日目…50MB(残り16MB)

4日目…16MB+100MB116MB

だとすると、4日目になると1日目に使った100MBが加算されるため、残り116MBが使える状態からスタートします。

(5日目は116MBから4日目の使用分が引かれ、さらに2日目の200MBが加算されます。)

注意点は、月内の高速通信量だけでなく、3日間の低速通信量も管理しなければならなくなること。

慣れるまでは少し厄介ですね。

各通信量ですが、私は先ほど紹介したアプリで管理しています。

SIMカード発行手数料が異なる

SIMカードの発行手数料が回線のタイプによって異なります。

通信タイプは、3種類です。

  • docomo回線の「タイプD」
  • au回線の「タイプA」
  • 物理SIM無しの「e SIM(docomo回線のみ)」

各発行手数料は以下の通りとなっています。

回線タイプタイプDタイプAe SIM
料金(税込)約433.4円約446.6円220円

eSIMが220円と最安で、次いでタイプDがタイプAより10円ほど安いです。

まとめ 料金最優先ならおすすめします!

当記事をまとめます。

「IIJmio」はこんな人におすすめです。

  • とにかくスマホ代を安くしたい
  • 格安SIMを試してみたい
  • 月20ギガは不要
  • 低速モードを使うことが多い
  • 両親に買ってあげるスマホを探している
  • 対面サポートは不要

メリットまとめ

  • 速度:概ね満足の声が多く、au回線の方が早い
  • 料金:2ギガで858円(税込)〜はかなり安い
  • キャンペーン:初期費用3,300円→1,650円に(3月31日まで)
  • 端末:最安110円〜購入可能
  • MNP転出料・期間縛り・契約解除料すべてなし
  • 余ったデータ繰越が可能
  • 電話は専用アプリを使って30秒11円で利用可能

注意点まとめ

  • 昼の時間帯の速度低下
  • 支払いはクレカのみ
  • 低速モードは3日間合計366MBの制限あり
  • SIMカード発行手数料が異なる

私は「IIJ mio」に変更してよかったです。

低速通信量の管理は必要ですが、高速通信量が100MB未満→2GBに増えましたし、料金もさらに下がりました。

通信量が4ギガくらいで、料金を最優先したい方に特におすすめします!

もしサポートが必要な方はフリーダイヤルに電話すれば解決しますし、自分で調べるのでサポートが不要な人は乗り換えを検討してみてはいかがでしょうか?

キャリアの料金はサポート代も含まれていると考えると、不要な人は料金を安くできるはずです。

端末もセットでの購入なら、iPhoneSE(第2世代)など他の格安SIM会社よりも安く購入できます。

注意点は、キャンペーンは3月31日までです。

この機会に、月々のスマホ代の見直しをしてみてはいかがでしょうか?

公式HPはこちら→IIJmio(みおふぉん)

以上

IIJmio(みおふぉん)

コメント

タイトルとURLをコピーしました